イントゥ・ザ・スパイダーバース2』に日本のスパイダーマンが登場

発売日発表からわずか数日後、プロデューサーのフィル・ロード氏は、近日公開予定の『イントゥ・ザ・スパイダーバース』続編の初の新スパイダーマンを明らかにしたようです。山城拓也は、1970年代に実写化された日本のスパイダーマンTVシリーズの主人公です。

ロードに送られたツイートの中で、あるファンがプロデューサーに「日本のスパイダーマンは映画に書き込まれるのか」と質問し、続編のスパイダーマンをデザインしたいと申し出たという。これに対し、ロードは “彼がデザインしました!”と答えました。2020 年版日本語対応のトップオンラインカジノ

スパイダーマン:イントゥ・ザ・スパイダー・バース2』は2022年4月8日に公開される予定で、監督は『アバター/最後のエアベンダー』『コラの伝説』のジョアキム・ドス・サントス、脚本は『ワンダーウーマン1984』『シャンチーと十指輪の伝説』のデイヴ・キャラハムが担当し、フィル・ロードとクリストファー・ミラーが再びプロデュースを担当します。

キャスティングの詳細はまだ明らかにされていませんが、シャミック・ムーアがマイルズ・モラレス役で復帰し、ジェイク・ジョンソン(ピーター・パーカー)、ハイリー・スタインフェルド(グウェン・ステイシー)、ニコラス・ケイジ(スパイダーマン・ノワール)、ジョン・ムラニー(スパイダーマン・ハム)が復帰することが予想されています。